不動産を買うためのローンの種類について知ろう

不動産を購入するためのローンの種類には、大きく住宅ローン、土地購入のためのローン、事業用資産購入のためのローン、投資用不動産購入のためのローンなどがあります。
住宅ローンは銀行や信用金庫、信用組合などで提供している宅地や一戸建ての新築または購入、マンションなど共同住宅を購入するための資金や費用に利用することができるローンです。
固定金利型、変動金利型、固定金利・変動金利のミックス型や選択型など各金融機関で様々なローンが用意されています。
また、公的な支援機構との連携による最大35年の長期固定金利を実現した住宅ローンもありますが、マイホームの取得を支援するためのローンのため、土地の購入については住宅の購入または新築と同時か、一定の期間内に取得するなど条件があります。
マイホーム取得の目的ではなく、家庭菜園を作りたいとか、駐車場を作りたいなど住宅建設以外の目的で土地を購入する場合には、土地を購入するためのローンを利用します。
また、オフィスビルの建設や商業施設の建設、店舗の建設など事業用に使うための土地や建物の購入にあたっては、別途、専用のローンを利用することになります。
マイホームに比べて多額のお金が必要になることと、一般個人ではなく法人や個人事業主としてのローン利用が基本となり、審査の基準も異なってくるためです。
住宅ローンでは一般個人の収入や勤務先、家族構成や他のローン状況が審査されますが、事業用資産のローンでは事業規模や会社の内容、資産額や収益状況、今後の事業計画などが審査されます。
なお、アパート経営や医療機関経営など個別の目的に沿ったアパートローンや開業医ローンなど、様々な種類のローンが金融機関ごとに開発されていますので、利用目的に沿って最適な種類のローンを探すといいでしょう。
マンション投資などの人気に伴い、利用者が増えているのが投資用住宅向けのローンです。
居住用マンションを賃貸して賃料収入を得るためにマンションを購入する場合、住宅ローンは利用できません。
なぜなら、住宅ローンはローンの契約者自らが住む住宅の購入を目的にしたローンであるためです。
そのため、他人を居住させ、賃貸経営をする目的の場合は投資用のローンなどを利用しなければなりません。
ただし、住宅ローンと同様、団体信用生命保険への加入ができるのが一般的であり、ローン返済中に万が一のことがあった場合、生命保険金によってローンが完済され、相続人に債務負担が残らないメリットが期待できます。