不動産物件の下見に行くときに持っていくと便利な物

不動産の賃貸や購入を検討している人は、必ず物件の下見へ行っておくことを強くおすすめします。
今の時代はインターネットで色々な情報が調べられてしまいますから、下見は不要だと考える人もいるかもしれません。
確かに、不動産情報サイトでは、詳細な間取り図や写真などを掲載しており、詳しい情報も記載されています。
中には、物件の様子を撮影した動画を用意している情報サイトもありますから、それらの情報をチェックするだけで物件のことが分かったような気になってしまう方も少なくありません。
ですが、実際には文章や画像だけでは、本当の物件の様子を判断するのは難しいのです。
面倒くさがらずに、物件の建っている場所まで足を運び、すみずみまでチェックをしてみてください。
トイレ、キッチン、バスルームなどの水回り関連はお水を流してみてテストしてみたほうがよいでしょう。
異臭がしないかどうかも確認してみてください。
室内の陽当たりの様子や風とおしなども、快適な生活を送る上で欠かせないチェックポイントとなってきます。
また、玄関や窓のセキュリティー面がしっかり対策されているかも、安全な生活をおくるために、忘れずに確認しておくべきポイントです。
物件の下見に出かけるにあたり、持参した方が良い持ち物を何点かをご紹介します。
下見の際に、欠かさず持って行った方がいいのは、メジャーですね。
メジャーは、室内の広さを測るのに必要となります。
玄関や廊下の幅なども正確に計っておけば、引っ越し業者へも伝えやすくなります。
メジャーでカーテンの長さを測ったり、クローゼットや押し入れの大きさを測っておけば、家具などの購入の際に参考になるでしょう
また、方位磁石もあった方が便利ですね。
方位磁石は、物件の方角を確かめるのに役に立ちます。
方位磁石を使って、物件がどこの向きに面しているのかチェックし、陽当たりなどを検討してみてください。
その他には、スリッパ、メモ用紙、筆記用具、懐中電灯、カメラなども持っていくと便利ですよ。
カメラで物件の撮影をする際には、不動産業者や大家さんの許可をもらってから行うようにしてください。
その物件周辺の地図も用意しておくとよいでしょう。
地図は周辺環境を把握するために、非常に参考になります。
ケータイ電話やスマートフォンなどには、現在の位置情報を調べられる機能がついていたりしますので、そのような機種をお持ちの方は活用してみるとよいでしょう。

Comments are closed.