不動産物件を決める際に注意したい周辺環境のチェックポイントとは

賃貸でも分譲でも、また店舗などにおいても、物件を決める際には建物の周辺をチェックすることも非常に大事です。
ついつい建物や部屋のことばかり気にしてしまいがちですが、いざ住み始めてから快適に暮らせるかどうかは周辺環境にも大きく関係しています。
候補の物件が現れた場合に、不動産のスタッフが物件案内をしてくれますが、そのときにできれば車で家の周りを少し回ってもらうと良いでしょう。
物件に行くまでの景色も、よく見ておきましょう。
まずチェックしたいのが、スーパーやコンビニ、飲食店などの商業施設です。
物件から歩いて行ける距離にどの程度商業施設があるかは、調べておいたほうが良いです。
いざ住みだしたものの、周りに何も買い物できる場所がないとなると非常に不便ですし、一人暮らしをする場合にも困るはずです。
また商業施設同様に、病院やドラッグストアなども、どの程度あるか見ておきましょう。
歯医者や内科などは近所にあるといざというときに便利です。
その次に周辺環境でチェックしておきたいのが、最寄り駅です。
不動産のスタッフは物件の最寄り駅を教えてくれますが、徒歩でどれくらいかかるかどうかと、その道の環境も知っておきたいものです。
例えば駅から家までの道が、電灯などのない薄暗い公園を歩くとなると、女性の場合夜間は心配です。
できるだけ明るい道路で、駅から家までは近いほうが良いでしょう。
またマイカー通勤を考えている人は、周辺道路の渋滞具合なども把握しておくと良いですね。
あまり渋滞が多い道沿いに住んでしまうと、毎日の通勤がストレスになる上に、通うのに時間がかかってしまいます。
車が便利なところほど渋滞しやすい傾向にあるので、そういう点も調べておくと物件を決める際の判断材料となるでしょう。
そのほかに周辺環境で気にしておきたい点は、例えば子供さんがいる家庭であれば学校や公園などの数や位置です。
公園が多くて子供たちも伸び伸びと遊べる環境であれば、子育てもしやすいでしょう。
学校がたくさんあるなら、教育面でも安心です。
また高齢者の場合は、周辺に坂や階段が多くないかも見ておくのがおすすめです。
中には坂だらけの地域もあります。
そういう場所ではなかなか年を取ると外出するのも大変になってくるので、知っておくほうが良いでしょう。
治安的なものも、できることなら知っておきたいものですね。
例えば居酒屋やスナック、パチンコなどが多いエリアの場合、酔っ払いがいたり夜でも騒々しかったりと、あまり良い環境とは言えないかもしれません。
治安を見る際には、壁に落書きが多いかどうかも判断材料になるのでチェックしてみましょう。
このようなポイントを意識しながら物件を探せば、満足度の高い部屋が見つかることでしょう。

Comments are closed.