不動産選びはしっかりと、想像してから探しましょう。

やはり家に住むというのは、ある程度貪欲に行くべきなのは明白です。
それは、場合によっては一生、最低でも1か月以上の単位で住むものだからです。
つまり住まいに不満の感じると、日々のライフスタイルに影響が出るからです。
そこで不動産を選ぶうえで、理想の暮らしをするにはどうすればいいかを述べていきたいと思います。
まず皆様がどのような暮らしをしたいかを考える事が重要です。
具体的には、日当たりがいい家に住みたいであるとか、高層マンションのバルコニーで、夜景でのんびり過ごして、ショッピング街の近くに住みたいというのが一例でしょう。
こうした要望は一つや二つでないのが普通で、書けるだけ書いていきましょう。
人にもよりますが、大体多い人で100件、少ない人で数十件だそうです。
一見多いようですが、前述の様に一生を左右するのですから、当然の要望と言えるでしょう。
しかしこうした要望は、必ず相反するものがありますから、どちらかを優先していきます。
つまり皆様が絶対に譲れないものを挙げていくわけで、例えば、「高層マンションペットをあきらめて、日当たりのいい部屋にしたい」という風に濃縮していきます。
そうやって濃縮すると大体10~20程度の要望になるでしょう。
また、悩む方は、2~3タイプの要望を混ぜてみるのもいいでしょう。
つまり、前述の場合はペットが欲しい場合ですね。
こうしたいくつかの要望をなるべく具体的なリストにして、不動産会社の人に見せて相談すると、皆様が要望する物件に近づけるでしょう。
具体的な計画を立てておけば、そのキーワードに合った物件を多数探すことが出来るようになります。
「日当たりがいい家」というのも「南寄りの日あたりが強い」であるとか、「近所がショッピング街」が、「家から○○メートルに○○というお店があって便利」と想像を膨らませていく事が可能です。
こうしていけば具体的に検索ができますでしょうし、不動産の方も物件を紹介したくなるという事です。
こうした事前の努力が、皆様が望む最高の住まいへの扉へと導いてくれるのではないのでしょうか。
このように、不動産会社に相談に行ったり、ネットで物件を探す前にある程度のイメージを持っておくことが大切です。
こういったことをブレームストーミングといって、キーワードから様々な物を引き出すという事です。
こういった想像が出来るならば、あなたが選ぶ理想の暮らし方 に一歩近づく事請け合いです。

Comments are closed.